<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

入院4日目

今日は何事もなく、時間がすぎました。

元気だと入院ってこんな暇なんですね。

さて、同室の方が今日手術でした。私と同じ場所の手術だそうです。でも、昨日から入院してきました。

あれ?私はなぜこんな早くから入院?

先生「あなたは、腫瘍が大きいからたっぷり時間かけなきゃ、お腹が空っぽにならないと思ってね」

えー!!自分の癌に不安を感じました(泣)

さてさて、そんなことはいっていられません!!!

手術まであと3日だぁー006.gif

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
↑参加してます。
[PR]
by 06171986 | 2013-09-30 18:57 | 入院と手術 | Trackback | Comments(0)

入院するまでの話②

違う病院へレッツゴー056.gif

手術は遅くなるけど、やっぱり納得して手術したほうがいいと思ったからです。

さて、診察開始。(私は関節リウマチもあるので、)まずは膠原病科からスタート。ちなみに前の病院からちゃんと紹介状書いてもらいましたよ。外科の先生は協力してくれず、なんのデータ(外科でやった検査結果)もくれませんでした(泣)

次に消化管内科。そして消化管外科へっ!!

外科の先生「若いから腹腔鏡の手術でやってあげたい。」

私「はい。お願いします。(嫁入り前ですから(笑))(そういえば、前の病院ではどんな手術内容か聞いても答えてくれなかったなぁ)」

外科の先生「人工肛門にはならない場所ですから、安心して下さい。」

私「はい!!!(良かった。)」

と、こんな感じに話は進んでいき、手術になりました。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
↑参加してます。よろしくです。
[PR]
by 06171986 | 2013-09-30 13:50 | 入院するまで | Trackback | Comments(0)

入院するまでの話①

大腸癌と分かり、手術に向けて検査をいくつかしました。

大腸透視のバリウムをおけつから入れるの、苦しかった。私、もうお腹痛いから無理だとか文句いいながら、検査しました。先生すみませんでした(T_T)

さて、私だけ癌と知った翌日、家族を連れて行き、まぁ私は母を連れていき、癌だと一緒に聞きました。一人で聞いたときより、癌という言葉が重く感じ、なんだか改めてショックを受けました。あと、母が倒れるのではないか心配でしたが……ちゃんと受けとめていました。その姿見て、正直申し訳ない気持ちになりました。あぁぁ。そのあと、外科に紹介され、2時間待ちました。

外科では、直腸検査があり先生の指に触れる場所だと人工肛門になると言われました。でも、私の癌は内視鏡の結果、直腸から20センチから25センチ離れてる場所にあるので大丈夫だろうと思ってましたが!!

外科先生「はい。私の指に触れました。人工肛門ですね。人工肛門になります。でも手術でいいですね?」

私は言葉も出ず、あまりにも人工肛門という言葉がショックで泣きそうになりました。

私「手術して癌はとりたいです。」
外科先生「じゃあ、人工肛門になる覚悟があるということですね?」
私「覚悟はありません……(泣)」
外科先生「さっきも言いましたが、私の指先に触れる場所にあるからには人工肛門です。」

……この日は、手術はするということで、手術日、入院日も決定はしました。でもショックだったので、いろいろ調べたら、今は肛門温存が支流だと書いてあるではないか!!次に行ったら、言わなきゃ。

しかし、次に外科の先生に会って、話しても何も変わらず、
「何度も言わせないで。人工肛門だから。」とつっけんどんな態度で終了。

私はもやもや悩みながら、入院日の 5日前に違う病院に移ると決意しました。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
↑参加中です。
[PR]
by 06171986 | 2013-09-30 08:07 | 入院するまで | Trackback | Comments(0)

癌発覚した日のこと②

続きの話。

10月の大腸内視鏡を待たずに、また腹痛と嘔吐があり8月中旬に病院へ!

先生「あらら。早く内視鏡やってもらおうか。(他の先生に電話して)じゃあ、8月26日に内視鏡やりますね。」

と、いうことで大腸内視鏡の日が来ました。この日は、あの2㍑の下剤にやられ吐いてしまうという問題はありましたが……私の番がきたので、大腸内視鏡室に入り、検査が始まり5分もしないうちに、

先生②「何歳でしたか?」
私「27歳です。」
先生②「27歳ですか。便は出てましたか?」
私 「(吐き気があり、うつろな状態でしたが)あ……快便ではないです」
先生②「ちょっと画面みて。ほら、腫瘍があるの。正直言うと、悪い腫瘍だね。若いのにね」
私 「(うわ。癌ってことじゃん。……ガーン。画面の腸、なんじゃこりゃ。腸の周りを腫瘍が覆ってる!!うわわわ。)はい。」
先生②「腫瘍大きいからこれ以上先に進めないから、検査終わりますね。」

着替えて私の担当先生に会いました。
先生「若いから、こんなことになってるなんて思わなかったよ。手術しなくてはいけないからね。今週、また病院に来て下さい。家族を連れて来てください。」

……正直、呆然としました。癌って何だっけ。たしか、父は肺癌の末期で入院して2週間で亡くなったっけ。えー、私も?あぁぁぁ。腫瘍があまりにも大きいし。なんてこった。

と、考えつつ大腸癌についてちょっとずつ調べていきました。仕事中も少し調べてました。わはは、すみません(笑)

こんな感じでした。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
↑参加してます☆
[PR]
by 06171986 | 2013-09-30 07:30 | 癌発覚まで | Trackback | Comments(0)

癌発覚した日のこと①

さて、私は今年の6月にすごい腹痛と嘔吐におそわれて、かかりつけの病院(実は、私は4年前から関節リウマチになっており、化学療法で治療中です。関節リウマチもひどいことたくさんありました。)に行きました。

先生「急性胃腸炎ですね。入院しましょう」
と、2週間も入院しました。一度退院と言われたんですが、また腹痛と嘔吐が襲い、2週間もかかりましたが、退院しました。このとき、すでに癌だったんでしょうね。何の検査もせずに、ご飯が食べられるからと退院させられました。

しかーし、退院してからずっと腹痛が続いていて、病院に行きました。その際に、一応ということで、検便をすることになりました。

先生「検便の結果、潜血がありますね。念のため、もう一回検便してみて下さい。」

私「……またですか。分かりました。」

1ヶ月後……
先生「やっぱり潜血がありますね。痔ですか?」

私「痔??分かりませんね。」

先生「若いから、心配いらないけど、念のために大腸検査しようか。痔だと思いますよ。えーと、10月しか空いてないから10月ね」

私「(痔かな。お腹痛いのはなんなんだろ)……はい。」

また、しかーし、10月を待たずに、腹痛がっ!!

続く。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
↑参加してます。
[PR]
by 06171986 | 2013-09-29 19:11 | 癌発覚まで | Trackback | Comments(0)

入院3日目

今日も引き続き、嘔吐が続いておりました。またベッドから動けずつ……(泣)薬(整腸剤)だけでも飲んで下さいと言われ、飲むと……吐くっ!!!

辛い(泣)

とうとう吐き気止めを打ってもらい元気になりつつあります!

嘔吐は辛いよ(T^T)

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
↑参加してます。よろしくです。
[PR]
by 06171986 | 2013-09-29 17:47 | 入院と手術 | Trackback | Comments(0)

入院2日目

昨日の夜から、今日の夕方までひどい目にあいました(泣)

下剤が効きすぎて、半端ない腹痛と半端ない嘔吐におそわれ……一睡もできず(T_T)

今日の下剤、飲む栄養食やらなんやら中止です。

ポータブルトイレを部屋で堂々と使いました(笑)

ベッドから離れないそんな入院2日目です。

体力落ちちゃうわ。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
↑参加してます。ぽちっとよろしくです。
[PR]
by 06171986 | 2013-09-28 16:20 | 入院と手術 | Trackback | Comments(0)

今日から入院しましたよ

今日からとうとう入院です!

8月26日の大腸癌告知から、1ヶ月ちょいも経ちました。
気持ちを整理したり、病院を変えたりと、いろいろありました。

そして、昨日までちゃんと仕事にも行きました。
職場には、先生が気を使ってくれて、大腸腫瘍と診断書に書いてもらったので
癌と知ってる人は数少ないです。癌って言った方がいいのか悪いのか分からないし……ね。

とりあえず、手術に向けて病院でゆっくりします。

呼吸訓練ということで、スーフルという器具で訓練しなくてはいけないのに、
今日はサボりました。看護師さん、先生、明日は本気だしますから!!

さて、出された下剤を飲んで寝るとします。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
↑参加してます。ぽちっとよろしくです
[PR]
by 06171986 | 2013-09-27 20:40 | 入院と手術 | Trackback | Comments(0)

はじめまして

皆さん、はじめまして。

27歳の女です。

事務系の仕事をしている
普通の社会人です。

27歳になったばっかり、
癌が発覚しました。

凹んでもいられませんので!!
(なってしまったことを悔やんでも仕方ないですからねー)

若くて癌になった方に、
癌になった方に、
家族で癌になった方がいる方に、
参考になればと思い、
(参考になるのかな。参考にならなかったら、すみません)
癌との人生を綴ります。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by 06171986 | 2013-09-26 12:55 | Trackback | Comments(0)

27歳を迎えたところ、大腸癌(3a)が発覚!せっかく癌になったので、私の生きざまを書いています。前向きに!!ときどき持病のリウマチや日常をつづっています


by みふぉ