癌発覚した日のこと②

続きの話。

10月の大腸内視鏡を待たずに、また腹痛と嘔吐があり8月中旬に病院へ!

先生「あらら。早く内視鏡やってもらおうか。(他の先生に電話して)じゃあ、8月26日に内視鏡やりますね。」

と、いうことで大腸内視鏡の日が来ました。この日は、あの2㍑の下剤にやられ吐いてしまうという問題はありましたが……私の番がきたので、大腸内視鏡室に入り、検査が始まり5分もしないうちに、

先生②「何歳でしたか?」
私「27歳です。」
先生②「27歳ですか。便は出てましたか?」
私 「(吐き気があり、うつろな状態でしたが)あ……快便ではないです」
先生②「ちょっと画面みて。ほら、腫瘍があるの。正直言うと、悪い腫瘍だね。若いのにね」
私 「(うわ。癌ってことじゃん。……ガーン。画面の腸、なんじゃこりゃ。腸の周りを腫瘍が覆ってる!!うわわわ。)はい。」
先生②「腫瘍大きいからこれ以上先に進めないから、検査終わりますね。」

着替えて私の担当先生に会いました。
先生「若いから、こんなことになってるなんて思わなかったよ。手術しなくてはいけないからね。今週、また病院に来て下さい。家族を連れて来てください。」

……正直、呆然としました。癌って何だっけ。たしか、父は肺癌の末期で入院して2週間で亡くなったっけ。えー、私も?あぁぁぁ。腫瘍があまりにも大きいし。なんてこった。

と、考えつつ大腸癌についてちょっとずつ調べていきました。仕事中も少し調べてました。わはは、すみません(笑)

こんな感じでした。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
↑参加してます☆
[PR]
by 06171986 | 2013-09-30 07:30 | 癌発覚まで

27歳を迎えたところ、大腸癌(3a)が発覚!せっかく癌になったので、私の生きざまを書いています。前向きに!!ときどき持病のリウマチや日常をつづっています


by みふぉ