癌発覚した日のこと①

さて、私は今年の6月にすごい腹痛と嘔吐におそわれて、かかりつけの病院(実は、私は4年前から関節リウマチになっており、化学療法で治療中です。関節リウマチもひどいことたくさんありました。)に行きました。

先生「急性胃腸炎ですね。入院しましょう」
と、2週間も入院しました。一度退院と言われたんですが、また腹痛と嘔吐が襲い、2週間もかかりましたが、退院しました。このとき、すでに癌だったんでしょうね。何の検査もせずに、ご飯が食べられるからと退院させられました。

しかーし、退院してからずっと腹痛が続いていて、病院に行きました。その際に、一応ということで、検便をすることになりました。

先生「検便の結果、潜血がありますね。念のため、もう一回検便してみて下さい。」

私「……またですか。分かりました。」

1ヶ月後……
先生「やっぱり潜血がありますね。痔ですか?」

私「痔??分かりませんね。」

先生「若いから、心配いらないけど、念のために大腸検査しようか。痔だと思いますよ。えーと、10月しか空いてないから10月ね」

私「(痔かな。お腹痛いのはなんなんだろ)……はい。」

また、しかーし、10月を待たずに、腹痛がっ!!

続く。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
↑参加してます。
[PR]
トラックバックURL : http://fightdaoh.exblog.jp/tb/21169334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by 06171986 | 2013-09-29 19:11 | 癌発覚まで | Trackback | Comments(0)

27歳を迎えたところ、大腸癌(3a)が発覚!せっかく癌になったので、私の生きざまを書いています。前向きに!!ときどき持病のリウマチや日常をつづっています


by みふぉ